QRコードをかんたんに作成/生成できるWebツールを作りました

かんたんQRコード作成/生成ツール
http://www.kenjisugimoto.com/qrcode/

ブラウザでQRコードを作れるWebサービスはたくさんありますが、結構昔に作られた印象のある複雑なUIと、作成時にページ遷移するようなサービスが多かったので、もっと簡単にQRコードを作れるツールを作ってみました。

特徴

  • ページを移動しないでその場でQRコードを作成
  • スマートフォンや紙媒体でも使えるような高解像度QRコード(880pxのPNG画像)
  • QRコードの色と背景色が用意。さらに好きな色で作成できるのでパターンは無限
  • もちろんURLだけでなく、文章のようなテキストでもQRコード化

かんたんQRコード作成ツール

ちなみにjQuery.qrcode.jsを使用しています。自分のサイトに組み込めば、あらゆるURLやテキストをマウスオーバー時にQRコードへ自動変換/表示することも可能ですね。

かんたんQRコード作成/生成ツール
http://www.kenjisugimoto.com/qrcode/

illustratorCCでプラグインを使わず@2x,@3xのRetinaサイズなどを書き出す方法

Sketchだと画像UIパーツの解像度別(@2xや@3xなど)の書き出しがとても便利にできますよね。しかしSketchはモリサワなどの日本語フォントの対応状況を考えると、決してUIデザインにはillustratorは不要とまではいかないです。

でも、Sketchのスライス機能は便利。せめて解像度別で@2xや@3x用それぞれの画像UIパーツを別に作らずに、1個のベクターデータからそれぞれの解像度別サイズで書き出したいので試してみました。※illustrator CC 2015を使用しています

結論としては、プラグインを使わなくても「Web用に保存」からできます

Web_用に保存2

Web_用に保存3

画面サイズウィンドウで「%指定を200」にすると@2xのサイズで書き出しができます。@3xの場合は300%ですね。